Synology WebStation NginxでWordPress公開

Synology WebStation
目次

Synology Webstation

WordPress インストール方法などは省きます。WordPressを公開するにあたって、WebStationではApacheを使う方法とNginxを使う方法があります。WebStation内でどちらを使うか選択できます。

Apacheであればデフォルト設定で公開できると思います。しかし、標準設定でのNginxではWordPressのトップページ、管理画面へのアクセス、記事の作成などはできても公開した記事を読む事が出来ません。

Synology 環境

  • DSMバージョン: DSM7.1.1-42962
  • PHP: PHP 8.0
  • データベース: MariaDB10

Nginx 設定

ひと手間かかりますが、設定を変更することでNginxでも正常に動作するようになります。

前提として、SSHが有効になっていること。root権限が使えるようになっていることです。

cd /usr/local/etc/nginx/sites-enabled
nano server.webstation-vhost.conf
** nanoエディタが入っていない場合は、viに置き換えて下さい **
include /usr/local/etc/nginx/conf.d/ランダム英数字/user.conf*;
** WebStationに複数のドメインを登録している場合は、目的のドメイン内にあるものを確認 **

場所が確認できたら、目的のフォルダまで移動して「user.conf」ファイルを新規作成します。

cd /usr/local/etc/nginx/conf.d/ランダム英数字/
sudo nano user.conf
** nanoエディタが入っていない場合は、viに置き換えて下さい **

空っぽのファイル内に下記をコピペ

location / {
    try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
}

設定反映

** 構文チェック **
sudo nginx -t

** 設定反映 **
sudo nginx -s reload

設定反映後は、正常にページが表示されるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次