[Synolgoy DS918+] Docker GUI管理ツール。Portainer構築方法。

Synology Docker Portainer
目次

DS918+ Portainer

環境は、Synology DS918+になります。DSMにもDockerをGUIで管理するツールはあるのですが、操作性に優れたPortainerでDockerをGUI管理したいと思います。見た目も、DSMよりいいと思います。Portainer側でコンテナを停止させた場合、DSM側の通知で、動作を停止しましたと出ますが、気にしないでください。

Portainer 構築

Synology FileStation

DSMにログイン後、FileStationを起動。dockerフォルダ内に「portainer」フォルダを新規作成します。

次に、コントロールパネルからタスクスケジューラーへ。「作成」-「予約タスク」から「ユーザー指定のスクリプト」を選びます。

Synology タスク

全般タブ

  • タスク:なんでもいいです。わかりやすい名前を付けておきましょう。
  • ユーザー:root

スケジュールタブ

「次の日に実行」を選択。「繰り返さない」を指定しておきます。スクリプトを一回実行するだけなので、この設定にしておきましょう。

タスク指定タブ

  • 通知の「Eメールで詳細な実行情報を送信」はお好みで。
  • ユーザー指定のスクリプト

ポート番号は環境に合わせて変更してください。このままでも動作するので、取り敢えず動作確認をしたい場合は下記をコピペしてください。

スクリプト

docker run -d -p 8000:8000 -p 9000:9000 --name=portainer --restart=always -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock -v /volume2/docker/portainer:/data portainer/portainer-ce

※volume2の部分は、環境に合わせて下さい。わからなければ、「portainer」フォルダのプロパティでパスを確認できます。

Portainerへのアクセス

ブラウザのアドレスバーに、DSMのアドレス+ポート番号になります。

例)
http://192.168.xxx.xxx:9000

Portainer セットアップ

初回アクセス時に、管理者のアカウントを作成します。

次に、「Get Started」「Add Environments」と表示されるので、「Add Environments」を選択。続いて、「Docker」「Kubernetes」「Agent」と3つ並んで表示されていると思うので、「Docker」を選んで、「Connect」をクリック。

Portainer ネットワーク設定

左のメニューから「Endpoints」を選択。「local」横にチェックを入れる。

最新バージョンでは、「Endpoints」ではなく、「Environments」になる。

Portainerネットワーク設定

Public IP にDSMのIPアドレスを入力して、下の「Update endpoint」をクリックして構築完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる