Google Domains SynologyでDDNS更新方法。カスタマイズ設定。

目次

Google Domains移行

お名前.comからGoogle Domainsへドメインを移行しました。以前の環境では、DDNS更新用アプリがWindowsでしか提供されていなかったので、有志の方々が公開しているLinux用のスクリプトを使って更新していましたが、不安定で更新されない事が多々ありました。

大昔にドメインの移行に何日もかかった記憶があったので、面倒だなと思いながら申請。ところが、1時間もかからず移管完了。これには正直驚きました。

Synology DDNS更新準備

SynologyのDDNSを使って更新する前に、Google Domainsで設定が必要です。

マイドメインから更新したいドメインを選択。次に、DNSから合成レコードへ。

Google Domains - 合成レコード

ダイナミックDNSに切り替えて、hoge.jpを登録したい場合は「@」を入れて保存。sub.hoge.jp (サブドメイン)を登録したい場合、「sub」と入力して保存します。

次に、更新用のユーザー名とパスワードが必要になります。登録毎にユーザー名とパスワードが違うのでご注意下さい

Synology DDNS更新

Synologyのコントロールパネル → 外部アクセス → 追加。ここで登録を行います。

  • サービスプロバイダ:Google
  • ホスト名:hoge.jp
  • ユーザー名/Eメール:Google Domainsで確認
  • パスワード/キー:Google Domainsで確認
  • テスト接続をクリック
  • ステータス:表示が「正常」であればOKをクリックして登録

Google Domainsに登録したその他のドメイン、サブドメインを登録しようとしてもサービスに付き1つしか登録できません

そこで、カスタマイズを行います。登録したいドメインの数だけ作成する必要があります。

カスタマイズ(ドメイン)例)hoge.jp

サービスプロバイダー:例)GoogleDomains1

Query URL:

https://domains.google.com/nic/update?hostname=@.__HOSTNAME__&myip=__MYIP__

カスタマイズ(サブドメイン)例)sub.hoge.jp

サービスプロバイダー:例)GoogleSubDomains1

Query URL:

https://domains.google.com/nic/update?hostname=__HOSTNAME__&myip=__MYIP__

これで複数のドメイン、複数のサブドメインを更新できるようになります。こんなに簡単ならもっと早くにやっておけばよかったと思います。ようやく不安定なDDNS更新から解放されました。

追記

デザインの変更?に伴い、DDNS登録の表示方法が変更されていたので追記。

Google Domains DDNS

DDNSの登録は左のメニューからDNSを選択後、右メニューの最下部に、詳細設定を表示をクリック。DDNS登録メニューと認証コードの確認ができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる